4月~9月 各ブロック(長岡南ブロック・長岡北ブロック・見附・栃尾・三条&加茂)ごとに全3回、4回目は全主任が集合し学ぶ「主任教育」がスタートしました。

「先祖供養のすすめ」の小冊子に基づき、新井教会長が講師を務め、先祖供養を今、なぜ学ぶのか、先祖供養の行きつくところは、取り組む私たちが何処にどう向かいうのか、心の部分はどうなのかを説いた。

先祖供養・親孝行・菩薩行のできることが既に有り難く、ほんとうの救い救われである。

IMG_1409

先祖の数は、一代~四十代までさかのぼると1兆人以上にのぼる。先祖のだれ一人途切れることなく いのちをつないでくださって 今、自分の命がある。先祖に感謝できる幸せ・いのちの尊さ・世界中の幸せのために…

資料と照らし合わせながら、皆 真剣に聞く姿!IMG_1408◆

IMG_1410

グループごとに、法座。IMG_1411◆質疑応答・感想発表

・先祖供養の意義・大切さを学び、解かり易く有り難かった。この有り難さを自信を持ってお伝えしたい。

・自分の仏性が見え、おかげさまで見返りなく菩薩行が出来ていたことを再度 認識できた。これからまた、目標を持って生きられると思い、有り難くなった。

・今までの御供養の仕方が心ない状態だった。今後は、心こめてステップアップしていきたい。

・姑の姿に反発してきた。先祖(姑)が積んだ徳のおかげさまで、現在があることを深く感じた。心をみつめながら、人さまに触れていくことの大切さが分かり、有り難く自信を持って精進していきたい。

イキイキと発表する姿は、まさに☆菩薩さま!!