10月4日(火) 開祖さま 入寂会  会場前のご宝前です。各種のお供えに加えて、生誕地まつりに向けての 万灯やマトイ、今年収穫された奉納米も供えられました。荘厳さと報恩感謝のまごころが開祖さまと私たちの魂を結びます。

img_0009

ご本部式典の映像に合わせ読経供養です。

img_0029

金安身和女子部長が本部式典後の教会式典で今年を振り返っての体験説法です。特に新生ふくしま練成を通じた気づきと青年サンガの成長を分けてくださいました。

img_0057img_0052

結びに、荒川教会長が挨拶。式典中の会長先生の ご法話から「本当は心の中の感謝が足りない」にふれて、『開祖さまは、すべてのことを否定せず感謝で出会う』…このことを実践されて 目の前の方を活かす “神通力” を得られたのではないでしょうか…と 開祖さまのお徳をかみしめて お分けいただきました。img_0059

最後に、生誕地まつりの先頭で行進する横断幕に込めた「開祖さまが菅沼から発せられた光(灯火)が世界と未来に届けられたように、私たちも開祖さまと同じ願いを持ち、異体同心となった心意気で行進しましょう」と紹介されました。img_0067

閉式後、参拝者全員が深い感謝を込めて焼香をさせていただきました。img_0080img_0082