大寒の入りから節分まで、大聖堂はじめ各教会道場などに参集して『法華三部経』の読誦修行を行います。長岡教会では、1月22日~26日(各家庭および教会午前9時~無量義~妙法蓮華経見寶品第十一品)、27日~31日(教会19時~妙法蓮華経堤婆達多品第十二品~仏説観普賢菩薩行法経)に行われます。

『法華三部経』は、私たち会員の依りどころであり、読誦するだけでも有り難い功徳があります。更に、その精神を理解した上で読誦すれば、ますます強く心の底に植えつけられ、必ず日常生活の行いに現れ、新しい人生が開けてくるはずです。私たち会員一人ひとりが今一度、どのような人間になりたいのか、それぞれの願いを立てて、読誦修行に臨みたいものです。